珍しい~♫

今日は朝からとっても良いお天気ですね~~
太陽の日差しも部屋の中まで届いてポカポカです。
室温も25度。太陽の恵み☀️有難いですね~~
あれっ‼️3にゃい逹がいないぞと思ってベットに行ったら何と3にゃいが寄り添ってお昼寝中❣️
いつもバロンとくるみは寄り添ってお昼寝していますがそこにルビーが入る事はありません。
急いで写真を撮りました。(笑)



ルビーはバロンと背中合わせですがこんなにベッタリくっついている事はまあずありません。



ルビー側からもパチリ❗️
ルビーは爆睡中ですね~



バロンはルビーが隣にいるのでちょっと緊張気味ですね~~
ルビーどうしちゃったのかな⁉️僕緊張してお昼寝出来ないよ。と思っていたりして……(笑)

スポンサーサイト

ルビーとくるみがCMデビュー?

娘が帰ってきたので、ちゅ~るメーカーというアプリで、くるみとルビーがちゅ~るを食べてるCMを作ってくれました。音量に注意してくださいね。



実際にはCMには出ていません(笑)

くるみ元気になりました(=^ェ^=)v

4日に朝一番でくるみを病院に連れて行き先生に事情を説明しました。
先生もビックリ‼️ 「すぐに救急病院に連れって本当に良かったです。数値を見たら本当に危なかったですね~~」この日は夕方まで病院で預かり血糖値の検査と超音波の検査もして様子を見る事に👀
夜の診察も混んでいたせいもありますがくるみを迎えに行って先生からの説明を受けて家に着いたのが20時過ぎになりました。念の為昨日も1日血糖値の推移を検査して迎えに行ったのがやはり20時頃になりました。2日間とも低血糖の数値は出ず逆に高い位ですので先生も原因はわかりません。
私のインスリンの打ち方が悪かったのかな?とも思いましたが発病してからずっと同じ様に打っているし量も間違っていません。変わった事といえば実はくるみはアレルギーで直ぐに目の周りを思い切り掻いて直ぐに血を出しました。それでずっとエリザベスカラーをしていたのですが根本から痒みをとりましょう。と新しい液体の飲み薬を出して貰ったばかりでした。
先生も「考えられるのはこの薬かなーー??」
先生もこの薬の事を改めて調べてくれましたが糖尿病の犬の場合は今回の様な事があった様です。
でも今まで猫の場合は無かったみたいですが念の為この薬はやめましょう。と言う事にしました。
今まで朝2単位、夜1単位のインスリン注射でしたが暫く朝晩1単位のインスリン注射にして様子を見る事にしました。
1単位のインスリンで血糖値の数値がどうなるか又明日7日の夕方くるみを病院に連れて行かなければなりません。7日は娘夫婦が東京から8日の納骨の為帰って来る事になってます。
明日は納骨の為の準備の買い物もあるのでくるみの病院のお陰でバタバタと忙しい日になりそうです。
肝心のくるみは食事もシッカリ食べる様になって元気になりました。



何時ものヘソ天ポーズも出る様になりました(笑)



元気になって良かったね~~



僕もとっても心配したんだよ。とバロン君。



私も心配したのよ。とルビーも言ってます。

低血糖を起こした時はとりあえずガムシロップかお砂糖を口の中に擦り込んでください。と先生からのアドバイス。人間と同じですね~~
でも我が家はお料理にお砂糖って使わないので肝心なお砂糖が無いんですよね~~ヽ(´o`;
低カロリーのお砂糖と黒砂糖とハチミツだけ。
普通のお砂糖も用意しないとね(笑)

くるみ戻って来てありがとう(=^ェ^=)

昨日の夜中すごく苦しそうな息遣いの声で目が覚めました。
時間は夜中の1時。
急いでベットから起きて声の方を見るとくるみが倒れててひきつけを起こしてました。
時々痙攣をおこし体も硬直して今にも死にそうに……
急いでペット病院に電話しましたが夜中なので勿論電話が通じる事もありません。
iPadで緊急動物病院を探したらすぐに見つかり早速電話をしました。
現在の症状を伝えた所「すぐに連れて来てください。夜中の診察なので少し高額になると思いますので了承してください」とも言われました。電話をしている間も奇声をあげ硬直状態に。
もうダメかと思いました。
急いでタクシーを呼んで病院に走りました。住所を言ったら運転手さん知ってました。
「あっ動物の救急病院だね。」と。話を聞いたら今はもう死んでしまいましたが昔犬を飼っていて老犬なので救急病院はチェック済みだった様です。良かったーーそう言う運転手さんで。
病院に着いたら先生達がすぐに救急処置を。
私は取り敢えず待合室で待機です。「残念でした。ダメでした。」と言われるんじゃ無いか待っている間もハラハラドキドキ。
その間も次から次と猫ちゃん、ワンちゃんが病院に来てました。
3時過ぎ頃診察室の方からくるみに似た泣き声が聞こえて来ました。
暫くしてから名前を呼ばれたので診察室に。
くるみがゲージの中で大きな声で泣いてました。「良かったーー生きていた」
原因は低血糖を起こしていたのです。
血糖値も50ぐらいなのでまあだ予断を許さないのでもう少し様子を見ましょう。と……
4時過ぎになって「このまま朝まで預かりましょう。7時に迎えに来てください。」
病院は夜の9時から朝の5時までなので入院の受け入れはできません。
それでも7時まで様子を見ていただけるので有り難かったです。
朝になったらかかりつけの病院に連れて行って下さい。と言われたのですが生憎かかりつけの病院は火曜日が休診日。それで救急病院の先生に病院を紹介して頂きました。
時々救急病院で診察している先生の様です。それなら安心です。家からも近い動物病院でした。
救急病院からも紹介していただいた病院にFAXしてくれました。経過とレントゲン写真などの書類を貰い先生に渡して下さい。と。
本当は朝の内に病院に行きたかったのですが昨日は11時から49日の法要が。
病院の診察時間は午前中は9時半~12時半まで。午後は4時半からですが午前中の診察には間に合いませんでした。
それでも家に着いたらだいぶ落ち着いてきて食事も取ることができたので一安心でした。
夕方早速紹介していただいた病院へ。
この病院は 年中無休の病院でした。かかりつけの病院が休みの時に何かあったら今度連れてこれるなー
と思いました。診断の結果は血糖値が330。「微妙な数字ですが一番危ないのが低血糖なので少し高くてもこの数字なら夜中の様な痙攣は起きないから今日と明日の朝はインスリンを打たないでかかりつけの病院に行って今後の相談をして下さい。」と対応してくれました。
昨夜はさすがに疲れたのか元気はありませんでしたが発作も起きずに朝を迎えたのでホッとしました。
低血糖の発作。人間と同じですね~~
主人が低血糖を起こした時のことを思い出しました。
子供達が「お父さんの49日。1人で家を離れるのが寂しくてくるみを呼んだのかなーー。」と。
でもくるみは無事戻ってきてくれて本当に良かったです。



今朝のくるみです。
いつまでも元気でいようね。くるみちゃん。

もう10月、早いですねーー

主人が亡くなってから明日で49日目です。
亡くなってからの手続き等であっという間に時間が過ぎて行きました。
喪中ハガキも最初は印刷して貰うつもりでしたが今年から郵便局の喪のハガキもインクジェットになった様なので家で印刷する事にしました。
娘の友人のお兄さんが郵便局に🏣お勤めしている様で毎年年賀状を頼まれます。
近くの郵便局で買っても良いのですがどうせならと今回のハガキもお願いしたら昨日届きました。
あとはデザインを選んで印刷するだけです。
明日の49日法要の為に友人がお花を持って来てくれました。



どうもありがとうございます(^O^☆♪
簡単に用意したサンドイッチを食べながら久しぶりに話しに花を咲かせました。
猫達も大歓迎しましたよ。



ルビーはシッカリ話を聞いてます。(笑)



ルビーちゃん仲間に入りたいの?



私達の話を聞いているうちに眠くなってしまったルビーです(笑)

プロフィール

KOTA

Author:KOTA
本が好き。旅行が好き。そして何より猫が大好きです。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
こねこ時計 ver.2
Sweets
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
FC2カウンター
最近のコメント
カテゴリー
QRコード
QRコード
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる