上野から軽井沢へ 旅の2日目

旅の2日目は軽井沢へ・・・
軽井沢の目的は「浅見光彦倶楽部」に行く事です。
内田康夫ファンなら知っていると思いますが浅見光彦は内田先生の作品の主人公です。
もう作品の主人公でなくて実際にいる感じですよね。読者には・・・

CIMG1522.jpg

上野から新幹線で約1時間の旅です。
あっという間な感じですよね。

CIMG1524.jpg

駅からタクシーに乗っていよいよ到着です。\(^o^)/

CIMG1528.jpg

中には結構お客様がいましたよ。

CIMG1533.jpg

今まで解決した作品も展示してあります。

CIMG1534.jpg

新聞にはちゃんと事件内容まで詳しく掲載されてあってまるで本当の事件があったような
錯覚をおぼえますよ。

CIMG1536.jpg

内田先生の生原稿です。

CIMG1546.jpg

浅見光彦が日本全国で事件を解決した数も載ってました。

CIMG1547.jpg

北海道は以外と少ないですね。
光彦さんは飛行機が苦手だから仕方ないですね。(笑)

CIMG1569.jpg

浅見家の周辺マップ。
去年の夏は浅見家周辺を散策してきましたよ。

CIMG1575.jpg

殺人現場もリアルに表現です。
近くには凶器の石も飾ってありますよ。

CIMG1540.jpg

内田先生の作品集。
全部と言って良いくらい殆ど読んでます。
我ながら凄いですね~~~(笑)

CIMG1567.jpg

作品に出てくる「旅と歴史」の雑誌。
まるで本当の雑誌の様ですね。
本の中に出てくる小物が充実していて面白いですよ。

CIMG1580.jpg

1階部分の部屋の様子です。

CIMG1585.jpg

浅見光彦倶楽部を堪能した後は内田先生の奥様が経営しているティサロン「軽井沢の芽衣」
に行って見ました。

CIMG1587.jpg

とっても素敵な所です。
周りの紅葉もとっても綺麗です。

CIMG1589.jpg

これがサロンの入り口です。

CIMG1591.jpg

お店の中です。
内田先生の作品も展示してありますよ。
さすが奥様。宣伝も抜かりなく・・・(笑)

CIMG1592.jpg

お天気が良いので庭でお食事を楽しんでいる人もいましたよ。

CIMG1595.jpg

先日の「ぴったんこカンカン」でこのカレーを安住アナウンサーが食べてました。
内田先生のお勧めメニューだそうです。

CIMG1597.jpg

食事の後は妖精の森を散策しました。
心の綺麗な人は妖精に出会えるかも・・・

CIMG1599.jpg

これは妖精語です。
解読の辞書も買ってきましたよ。
あとでジックリ解読です。(笑)

CIMG1610.jpg

妖精横断中の看板も・・・
周りを見渡すとそこには・・・

CIMG1614.jpg

妖精さんがいましたよ。
雑木林の中を他の妖精さん探しを始めました。
木の陰等に隠れた妖精達を11個見つけました。
私達は心が綺麗だったんですね。(笑)
こんな事を考える奥様の感性って凄いですよね。

CIMG1629.jpg

最後に新しく出来た宿泊施設の「浅見光彦の家」へ
これは浅見光彦倶楽部を訪れたファンが泊まる所が無い。という話を聞いてそれじゃと言う事で建てた様です。ファンを大事にしているんですね。

CIMG1631.jpg

ホテルの入り口。
まるで普通の家のようですよね。

CIMG1632.jpg

残念ながら宿泊者以外は中に入れないので中の見学は出来ませんでした。
ちょっと残念ですね~~~

CIMG1642.jpg

浅見光彦ワールドを堪能した後は軽井沢駅の方に戻りました。

CIMG1640.jpg

平日なのに沢山の観光客が訪れてました。
私達もその一人ですけどね(笑)
軽井沢を満喫して又新幹線で上野に戻りました。
上野のホテルは森鴎外の居住地だったところです。
ここのホテルも楽しみの一つです。
その様子は次回に。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

お友達も大喜びだったんじゃないかな?

宿泊施設も出来ていたんだね。
浅見光彦の家だなんて、洒落てる!

COYAさんへ

4年前に行った時には展示物は中村俊介と榎木の浅見光彦でしたよね。
今回はテレビで放送中ということで沢村の光彦ばかりでした。
軽井沢の芽衣も懐かしいでしょう~♪
今回は宿泊施設が出来ていて名前も浅見光彦の家です。
宿泊のお部屋も光彦の部屋とか雪江の部屋とか陽一郎の部屋等登場人物の名前らしいです。

小説の主人公が?!

こんにちは♪はい!2日目も拝見しました~♪(⌒▽⌒)/
小説好きにはたまらないツアーでしたね。私は読んでいないので、何だか新鮮なイメージですね。
色々な事件を解決した場所に地図があるのにはビックリでした。全国にあったら面白いですね。
軽井沢の旧市街はとっても懐かしく見させていただきました。
以前行った時と変ってないですね~♪(⌒▽⌒)
また続きがあるとか!楽しみにしています~♪

遊び心も超本格的!!(^ー^)

「浅見光彦倶楽部」! 
  奥さんみずからお店を開いたり、
   ホテルまであるなんて、すごいですねー。 (◎0◎;)

たまたまでしたが、私も「ぴったんこカンカン」、ちょっとだけ見ました。
 内田夫妻と安住さんが食事をしていた場面でしたが、
  奥さんが、「あのとき、私が150万出したのがよかったのよ」みたいなことを言って、
   内助の功をずいぶん強調して、笑わせてくれていましたよね。(笑)

ところで、KOTAさんは、
 歴代の浅見光彦役をした俳優さんの中で、だれが一番お気に入りですか?

nobutanさんへ

本を読んで無い人にはあまり興味ないかもしれないですよね。
でもテレビでは浅見光彦シリーズ随分昔から放送しているので見た事はあるかもしれないですよね。
こんな風に小説の世界の人物がまるで実際に生きているような錯覚を思わせる主人公って他にはいないかもしれません。(笑)
内田作品って殆どが実在の場所とお店の人物も実際の人が多いので余計にそう思うかもしれないです。
作品を読んだ後にはそのお店や場所にいきtくなりますもの。(笑)

すずめさんへ

歴代の浅見光彦、私は水谷豊と陽一郎役の高橋悦史 、母親役の音羽信子が好きでした。
辰巳拓郎からバトンタッチされた沢村一樹、光彦の母の加藤治子 さんも良いですね。年齢的に沢村一樹さんも今回のシリーズで終わりですね。なにせ光彦は万年33歳ですものね(笑)
今度は誰が光彦をバトンタッチされるんでしょうね。
中村俊介さんはようやく原作の光彦さんの年齢になってきたのでこちらはこれからが楽しみです。
すずめさんもぴったんこカンカン見たんですね。
ぽんと150万を出した奥様ってすご~い。と思いました。(笑)
私が内田ファンになったのはその150万で自主出版をした「死者の木霊」でした。
読み終わったときにとっても衝撃を受けた記憶があります。
それから出る本出る本図書館で借りまくりました。(笑)
無名の頃からのファンよ。というのがちょっと自分の中の自慢です。(笑)

死者の木霊

死者の木霊 確か信州の松川ダムでのバラバラ殺人事件だったかしら?
竹村警部や東京のエリート警部(名前忘れた)が出てきて。
私浅見探偵より、竹村警部の方が好きなの。
少し脱線してしまいました。
軽井沢で一泊と思ったら、上野までとんぼがえり。強行軍ですね。
明日の旅行記楽しみにしています。

美夕のママさんへ

「死者の木霊」知っているんですね。
信濃のコロンボ面白いですよね。
私も竹村警部好きですよ。
警視庁のエリート警部は岡部和雄警部です。
明日も頑張って更新します。

内田康夫ファンにはたまらない
魅力いっぱいの旅ですね
浅見光彦シリーズは相棒がよくテレビでみていますが
私にはさっぱり(/_・、)
軽井沢 すっかり変わったのでしょうね
学生時代に行ったきりです

娘と行ってみたいなぁーと羨ましく見ています。
KOTAさん達、きっと妖精見えたでしょう(*^.^*)
楽しみで見せてもらっていますよ。
プロフィール

KOTA

Author:KOTA
本が好き。旅行が好き。そして何より猫が大好きです。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
こねこ時計 ver.2
Sweets
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
FC2カウンター
最近のコメント
カテゴリー
QRコード
QRコード
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる