九州島めぐり2日目、壱岐の島

旅の2日目は壱岐の島めぐりです。
ホテルを7時50分に出発して唐津東港に向かいました。

CIMG5218.jpg

このフェリーで約1時間半の玄界灘クルージングのスタートです。

CIMG5221.jpg

出航した最初の内は良かったのですが段々と波が高くなり大荒れのクルージングとなりました。
もう立つこともできない位の約3mから4mの大波です。
殆んどの人が船酔いでダウンしてました。
私もちょっと危なかったです。

CIMG5223.jpg

印通寺港に着いて壱岐島内観光です。

111.jpg

原の辻遺跡公園を車窓からみました。
この写真は観光資料から抜粋しました。
時間があったら中に入りたかったですね。
平成7年、原の辻遺跡は『魏志倭人伝』の中の「一支国」の王都と特定され発掘調査途中のため、古代史を書き換えるような発見が相次いでいるそうです。

CIMG5224_20141006115820eb8.jpg

最初に向かったのが左京鼻。
鼻とは断崖絶壁の事を言うそうです。

CIMG5225.jpg

壱岐島誕生神話の八本の柱の一つ「折柱(おればしら)」です。

CIMG5236.jpg

六地蔵は六道(地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天)において衆生の苦患を救うという六種の地蔵である。海女で有名な八幡浦の海中に祀られている。自然石の頭部で、腹が丸くえぐられているので、はらほげ地蔵と呼ばれている。
                                                     資料から抜粋。

CIMG5245.jpg

岳の辻展望台からの景色です。
ここは壱岐の島で一番高い山だそうです。

CIMG5253_201410061201376ed.jpg

船酔いの影響で昼食は食べられるかどうかちょっと心配でしたがやはりお腹は空くものです。(笑)

CIMG5254_2014100612013694e.jpg

ウニの釜めしです。
ここ壱岐はウニ漁が盛んだそうです。
ウニの釜めし美味しかったですよ。
食事の後は皆さん帰りのフェリーの船酔いが心配。
お店の人の好意で酔い止めの薬を買いに薬局まで車で案内してくれました。
希望者は12名程おりました。
一箱に12錠入っていて1回1錠を飲めばいいのでこの一箱を12人で分けました。
お蔭で一人当たり133円程で済みました。(笑)

CIMG5257.jpg

砲台の巨大な穴を上から見ることができる現代の戦争遺跡です。

CIMG5259.jpg

黒崎半島のさらに先端にある高さ45mの海蝕崖の玄武岩。そっぽを向いた猿にそっくりで猿岩と呼ばれています。
確かにお猿さんそっくりですね。

CIMG5267_20141006120551357.jpg
CIMG5270.jpg

古事記では伊邪那岐命(いざなぎのみこと)と伊邪那美命(いざなみのみこと)が天照大御神の次に産んだのが月読命(つくよみのみこと)とされている。京都の月読神社は、487年壱岐の県主(あがたぬし)の先祖忍見宿祢(おしみのすくね)が壱岐から分霊したもので、ここは神道の発祥の地とされる。 
                                       (資料から抜粋)
この月読神社を最後に壱岐島の観光は終了。
フェリーの出航は3時半なので酔い止めの薬を3時に飲みました。
フェリーに乗りこんだら椅子の船室でなく今度は座敷の部屋にしてすぐに横になりました。
船酔いを心配しましたが横になっていたお蔭と薬のお蔭で帰りは船酔いもしないで無事唐津東港に着きました。
酔い止めの薬効いたようです。

CIMG5274.jpg

お蔭で夕食は美味しく頂く事が出来ました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

玄界灘、凄かったでしょう(笑)
私は1月に行ったけど、この時期の玄界灘は晴れていても
波が高すぎて船が出せないことが多いって言われたもんw
わたしも船酔い一歩手前でやばかったよww
こんな荒波、昔から船で漕ぎ出して朝鮮半島と交流してたんだから凄いよね。

壱岐にも月読神社あるんだ。
この神社は珍しいから行きたいなあー。桜島にもあるので
まずはそっちに参拝ねらってますw

No title

私は船酔いするタイプ・・・
この船には乗れない・・・・

夏樹静子のサスペンスで 玄界灘で船が遭難する物語があった。
玄界灘って常に波が荒いのかな?
説明も良く分かりました。

料理も美味しそうだけど、私だったらこの日は何も食べる事が出来なかったでしょう・・・

COYAさんへ

玄界灘甘く見てました。
もう凄かったです。
景色を見るなんて出来ません。
昔は手漕ぎで良く海を渡りましたよね。
その勇気脱帽です。
壱岐に行くときは船でなく飛行機ですね。(笑)
船ならもう行きたくないですね。見たい所はまだまだ沢山ありますが……

yukiyamamaさんへ

玄界灘の波、甘く見てました。
晴れていても波はいつも凄いらしいです。
こんなに高波なら最初から酔い止め用意しておくのに……
添乗員さんは沖縄の人で福岡空港で合流しました。
「もっと詳しく知っていたら前もって酔い止めの話をしていたのに申し訳ありませんでした。」と言ってました。
実は添乗員さんも船酔いでダウンしてしまったのです。(^_^;)

夜までには復活して食事を美味しく食べることが出来て良かったです。
プロフィール

KOTA

Author:KOTA
本が好き。旅行が好き。そして何より猫が大好きです。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
こねこ時計 ver.2
Sweets
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
FC2カウンター
最近のコメント
カテゴリー
QRコード
QRコード
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる