旅の最終日は金比羅さんです。

旅の最後の旅行地はいよいよ金比羅宮です。
足腰の元気な内に金比羅まいりをしたかったのです。

CIMG5596.jpg

さあいよいよ出発です。
石段は御本宮まで785段あります。
今回の金比羅宮までちゃんとガイドさんがついて途中途中休憩をしながら案内をしてくれました。

CIMG5598.jpg

CIMG5599.jpg

石段288の所、前方に大門が見え始める頃、右側に、第19代宮司である琴陵宥常の銅像があります。琴陵宥常が創立した帝国水難救済会の30周年記念として、昭和2年(1927)に建設されました。

CIMG5603.jpg

石段365段にある大門は神域の総門です。水戸光国の兄である松平頼重候から寄進されました。二層入母屋造・瓦葺です。
ガイドさんによるとここからが本番とか。
神様が試していて登れそうもない人はここから引き帰すそうです。

CIMG5607.jpg

そう言われると何故か神聖な気持ちに・・・
神様が乗る神馬も飼育されてます。

CIMG5606.jpg

馬たちも何故か神聖ですね。

CIMG5613.jpg

ここ金比羅宮では大国主神の事を大物主神といいます。

CIMG5619.jpg

さあもう少し頑張って登りましょう~~~

CIMG5632.jpg

ようやく到着!!
785段制覇しましたよ。
ガイドさんの話に引き込まれ意外と簡単に登りきることができました。

CIMG5625.jpg

頂上からの眺めも最高です。

CIMG5645.jpg

神社を囲む木々ってなぜか雰囲気があって良いですよね。

CIMG5648.jpg

さあ今度は下りです。
途中思いがけずしめ縄を収める人たちに出会いました。
これから新しいしめ縄に交換するそうです。

CIMG5652.jpg

このしめ縄を担いで登るのも大変ですね。

CIMG5664.jpg

桜馬場西詰銅鳥居の横に、こんぴら狗の銅像があります。

江戸時代、庶民は旅行を禁止されていましたが、神仏への参拝の場合はその限りではありませんでした。
それで旅慣れた人が代わりにお参りをしたそうですがその代参をしたのは“人”だけではなかったのです。「こんぴら参り」と記した袋を首にかけた犬が、飼い主の代参をすることもあったのです。 それで代参をした犬を特別「こんぴら駒」といったそうです。
可愛い狛犬ですね。

こんな感じで無事こんぴら参りをする事ができました。
この金比羅宮で旅行の日程は全部終了!!
桂浜だけは雨にあいましたがおおむねお天気には恵まれ楽しい四国旅行をすることが出来ました。
これで四国4県全部制覇です。
帰りは高松空港から羽田経由で無事札幌に戻ってきました。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私も元気なうちに金比羅さん行かなくちゃー!
馬も飼育されてるんだね!
伊勢神宮と同じく、金比羅さんも犬が行っていたんだ(笑)

COYAさんへ

金毘羅さん、ようやく行けました。
駕籠に乗らないと行けないかと思いましたよ(笑)
神馬と言うだけで何故か有難く思えてしまいますね。
伊勢神宮もそうですが、金毘羅参りにも犬が行っていたようですよ。

No title

金毘羅参りで〆ですか
こんぴら駒の像は見ませんでした
あの大門辺りでおしまいかと思いきや
まだまだあるんですよね
下りは足にきませんでしたか?
まだ若いってことですね
私は2度もお参りしたから もういいでしょう。

ひーちゃんへ

今年は金比羅参りで締めました。
ひーちゃんの様に何時も登山をしているのとは違い歩き慣れていないので階段登り心配でしたが思ったよりスムーズに登ることができました。
何時もは旅行の後時差で(2日後位)で筋肉痛が出るのですが今回は筋肉痛は無し。道後温泉の温泉が効いたのかな?と思ってます(笑)
ひーちゃんは2度お参りしたのですね。
私はこれが最後だと思います。次回はもう登れないかも………^_^;

No title

金毘羅さんがこんなに階段がある事は知りませんでした・・・
夫は出張の時に行ったようです。

神馬も可愛いし こんぴら狗の銅像も可愛いです。
私ももう1回四国旅行に行きたくなりましたが、車で行くのはもう無理ですね。

yukiyamamaさんへ

ガイドさんの案内で説明を受けながら登ったので無事たどり着くことができました。
結構急な石段なので休み休みでないと大変ですよ。
金毘羅宮の本殿に着いた時はホッとしました。
コンピラ狛の銅像とっても可愛かったです。

No title

楽しい四国旅行、見せてもらいました。
私も同じところを回っているので懐かしいです。

未だその時は金毘羅さんへもお参りできましたが
今は多分無理でしょう(笑)
しめ縄交換に出会えたのは良かったですね。

はりまや橋の小ささと竜馬像の大きさ
どこででも出て来るうどんにはビックリしました(笑)

suzuさんへ

金毘羅さん何とか足腰が動くうちに登ることができました。
しめ縄交換に出会えたのはラッキーでした。

はりやま橋はイメージと違いすぎました。(笑)
反対に龍馬像あんなに大きいとは思いませんでした。
やはり自分の目で確かめないとわからないものですね。
最終日に食べた讃岐うどん、食べ放題でした。
でもうどんってそんなに食べられないですよね。^_^;


プロフィール

KOTA

Author:KOTA
本が好き。旅行が好き。そして何より猫が大好きです。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
こねこ時計 ver.2
Sweets
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
FC2カウンター
最近のコメント
カテゴリー
QRコード
QRコード
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる